鼻の黒ずみの原因をもとに治す方法を検証

洗顔だけで鼻の黒ずみを治す方法は?

 

 

洗顔で鼻の黒ずみを取ると言うとどんな洗顔を想像しますか。市販の洗顔フォームをこんもりと泡立てて、朝晩しっかり洗顔する、特に毛穴が目立つ鼻は念入りにマッサージするように洗うということを連想するのではないでしょうか。実は、大人の女性の乾燥肌の原因は、洗顔のし過ぎというのが大きいです。私も20代の頃は、朝晩、しっかりと洗顔フォームを使って洗顔をしていました。洗顔後は、顔が突っ張って突っ張って仕方がないので大急ぎで化粧水と乳液をつけるという感じです。洗顔のし過ぎが鼻の黒ずみを悪化させたということに気が付いたのはかなり年月が経ってからです。毛穴の黒ずみは簡単に解消するものではありませんが、洗顔フォームを洗顔石鹸に変えて、朝は水で洗うだけにしたら顔が突っ張らなくなりました。朝晩、泡洗顔をするのは、肌に必要な皮脂や潤いを奪ってしまうことなのです。乾燥すると毛穴は堅くなって目立ちますし、固くなると引き締まりにくくなるためにメイク、汚れ、皮脂などが詰まりやすくなります。メイクをしている女性が大半だと思いますが、鼻の黒ずみを解消したり、作らないためには、夜は必ずダブル洗顔が必要です。まずは、メイクをしっかり落としますが、クレンジングをしてもメイクが取れていないと感じる女性は、クレンジング剤を見直しましょう。安価などこにでも売っているクレンジングではなく、潤いを残してメイクをしっかり落とすようなクレンジングが望ましいです。メイククレンジングの後の洗顔ですが、石油系などの合成界面活性剤が入った洗顔フォームを使うのではなく、洗顔石鹸がおススメです。

 

 

男向けの鼻の黒ずみ解消法

 

男性の場合、鼻の黒ずみは毛穴に詰まった角栓が酸化して黒ずんでいるというのが原因です。女性の場合は、メイクが毛穴に入り込んだり乾燥が原因になり易いです。反面、男性は女性と比べると皮脂が過剰分泌を起こしやすく、脂分が原因になっていることが多いです。また、仕事やスポーツなどで汗をかいて不衛生になることも一因として挙げられます。古い角質や過剰分泌した皮脂、汚れなどが混ざり合い、雑菌が繁殖したり酸化すると黒ずんでしまいます。男向けの鼻の黒ずみ解消法についてですが、「炭石鹸」や「ピーリング」がおススメです。炭石鹸は、古い角質・皮脂に吸着し、毛穴の奥の汚れを洗い流す効果が期待できます。ドラッグストアなどで市販されている洗顔フォームは、汚れ落ちがよくサッパリするかもしれません。反面、洗顔フォームは、石油系などの合成界面活性剤が入っている為、すすいでもヌルヌルしますし、肌に残存して負担をかけやすくなります。炭石鹸なら、余分な皮脂はすっきりと洗い流して、すすぎ残しも気にならないでしょう。普段の洗顔だけでは、知らず知らずのうちに古い角質が蓄積しているケースも多いです。週に1回程度、ピーリングジェルを使うと、鼻はもちろん、顔全体から余分な角質が取れてツルツルになります。毛穴に詰まった、汚れや皮脂も取れますので、徐々に黒ずみが目立たなくなるでしょう。また、普段の洗顔では不十分だと感じる場合には、自分で毛穴ケアを行う方法もあります。毛穴の引き締めをしたい場合には、レンジで1分程度チンした蒸しタオルを当てて毛穴を開いてから洗顔を行います。最後に、水で洗って毛穴を引き締めましょう。

 

 

皮膚科の先生も推奨する鼻の黒ずみの治し方

 

毛穴パックは実は良くないという話を聞いたことがありませんか。なぜ、毛穴パックがNGかというと、角栓はきれいに取れるものの、毛穴が開きっぱなしになるのがNGなんですね。角栓を取り除きはしたものの、毛穴が開きっぱなしの状態では、またメイクや皮脂、汚れが詰まる原因になってさらに悪化する場合もあります。でも、だからと言って、皮脂が詰まったままでOKかというとそんなことはありません。皮膚科の先生も推奨する鼻の黒ずみの治し方ですが、指の腹で肌を傷つけないように角栓を出すというのはOKです。角栓が今にも出てきそうな盛り上がった状態であれば、毛の細いブラシを優しく当てて洗顔したり、毛抜きを使って角栓を取ることは有効です。ただ、皮膚を傷めないように十分に注意しましょう。ピーリングも皮膚科医が推奨している鼻の黒ずみの治し方です。皮膚科を受診すれば、ケミカルピーリングを行ってもらうことが可能です。皮膚の表面に薬剤を塗って古い角質や角栓、老廃物などを溶かして除去するのがケミカルピーリングです。ホームケアでも、ピーリングジェルを使って皮膚科のケミカルピーリングに近い効果を得ることも可能です。洗顔の後にピーリングジェルを毛穴の黒ずみが気になる部分に塗ってくるくるマッサージします。すると、ポロポロと垢のようなものが出てきて、洗い流すと、鼻がツルツルになっているはずです。毎日やるとやり過ぎですから、ピーリングは多くても週に1〜2回程度、やるとかなり黒ずみに効果が期待できます。黒ずみを治すなら、その場しのぎの方法だけではなく、保湿ケアがとても重要になります。洗顔やピーリングで肌を清潔に保つことと、十分に保湿することが、鼻の黒ずみを予防するにも改善するにもとても大切です。

 

 

鼻の黒ずみってこんなにも簡単にとれる!その取り方を紹介します

 

毛穴に皮脂、汚れ、メイクなどが詰まって酸化すると毛穴が黒ずんで見えます。皮脂や汚れ、メイクなどが混ざり合って酸化した黒っぽい角栓を取り除くことが出来れば、鼻の黒ずみは解消されます。角栓は、脂っこいので油と混ぜて溶かしてあげると簡単に取り除くことができます。方法は簡単で、鼻にオイルを塗ってあげることです。オイルはオリーブオイルやアルガンオイルの他にベビーオイルなどのスキンケアに使えるものならOKです。洗顔、保湿をした鼻にオイルをぬりますが、綿棒で塗るか指の腹で塗りましょう。綿棒の場合、色んな角度から毛穴を押すことができるため、角栓を押し出せるのでお勧めです。特に指が太い男性は綿棒の方が黒ずみを出しやすいかも知れませんね。指を使う場合には、指の腹を使って優しくマッサージします。爪を立てて肌に傷をつけると、炎症を起こしたり、将来的にシミの原因になるので気を付けましょう。綿棒でやる場合にも、強くこすらないように優しく押したり転がすようにして角栓を取りましょう。オイルはベタベタしてホコリや汚れを吸着してしまう為、泡で洗顔しましょう。洗顔は、合成界面活性剤が入った洗顔フォームより天然成分の洗顔石鹸がおススメです。ぬるま湯で丁寧に鼻を洗ってからすすぎましょう。オイルと一緒に黒ずみが溶けて落ちているはずです。乾燥肌で、皮脂やメイクが詰まっていないのに毛穴が黒ずんで見える場合は効果がありません。毛穴が乾燥で硬くなってへこんでいる為、影で黒ずんで見えているのが原因の場合には、保湿をしっかりと行うことが大切です。

 

 

鼻の黒ずみにニベアが効くのか?

 

最近、何かとニベアクリームが話題になります。なんでも、マドンナなどの海外セレブが使っている高級クリームと成分が酷似しているというのです。最近は、ニベアクリームでスキンケアはもちろんのこと、ヘアケア、まつ毛の育毛、家具の艶出しなどを行っている人も多いんだそうです。ニベアクリームって、どこのドラッグストアでも店頭に置いてあって激安価格で売っています。うちの近所のドラッグストアでもいつも目玉商品になっていて大缶が500円以下のワンコインで買えます。お仕事で忙しくてドラッグストアに行く暇がない方でも、コンビニで小さい缶やチューブタイプが売られていますよね。鼻の黒ずみ対策にニベアクリームが有効なのです。多くの家庭に置いてあるニベアクリームなら、思い立った時に鼻の黒ずみをケアすることができますよ。マドンナの愛用クリームに似ているということに関しては、賛否両論あるようですが、鼻の黒ずみケアにもニベアが有効です。使い方は、ニベアを鼻に白くなるくらい厚めに塗って塗った部分にラップをします。そのまま湯船に浸かって汗をかいたら最後に洗顔をするというシンプルな方法です。おそらく、ニベアクリームと鼻に詰まった角栓が溶け合って汚れが流れ出るという仕組みかなと思います。他にも、オリーブオイルやアルガンオイル、オロナインなどを鼻に塗って洗い流す方法もあります。自宅にどれかはある可能性が高いので、実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

鼻の黒ずみの原因である産毛の処理

 

毛穴というくらいですから、鼻の毛穴にも毛が生えていることが原因で黒ずんで見える場合もあります。鼻の黒ずみの原因である産毛の処理は、医療レーザー脱毛がおススメです。毛抜きで引っ張ると埋没毛の原因にもなりますし、毛穴が変形してしまったり、赤く炎症を起こしたりする原因になるのでお勧めできません。医療レーザー脱毛の場合、毛周期に合わせて脱毛を繰り返すことで、徐々に生えてこなくなります。体の脱毛を医療レーザー脱毛や光脱毛をしたことがある方なら、ピンとくるかもしれませんが同じような原理で脱毛します。脱毛エステの場合、「キレイモ」や「ディオーネ」などの脱毛サロンで鼻も脱毛してもらえます。ただ、キレイモの場合、全身脱毛のコースの中の一部ですから、全身脱毛したい方にはお勧めです。特殊な波長の光を照射して毛根を焼き切るような感じなので、一度、施術した毛は、基本的には生えてこなくなります。ただ、毛は毛周期があって、ランダムに生え変わるため、繰り返し脱毛しないとまた生えてきます。5回程度繰り返すと、ほぼ、生えてこなくなるでしょう。家庭用脱毛器も光脱毛なので、脱毛できないこともありません。ただ、顔に使用することを推奨していないメーカーもあるので自己責任になるでしょう。光脱毛はとてもまぶしい強力な光の為、直接見ると、目を傷めてしまいます。専用ゴーグルなどを装着して脱毛することになるでしょう。

 

 

鼻の黒ずみの取り方

 

鼻の黒ずみの取り方についてですが、色々な方法があります。ひとつは、継続的な洗顔と保湿の繰り返しです。鼻の黒ずみができてしまった原因は、間違った洗顔やスキンケアなどで毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまったことが主になります。皮脂の分泌量が多く、絶えず皮脂が過剰分泌していて毛穴が開いてしまう方もいます。肌が乾燥して、肌が自己防衛のために皮脂を過剰分泌させる場合もあります。洗顔で、余分な皮脂を取り除き、潤いは保つことが大切です。今、皮脂や汚れ、メイクなどが詰まって黒ずんでいるのを即効性がある方法で何とかしたいという方は、オイルでのケアがおススメです。洗顔、スキンケアを行った鼻にオイルを塗って指の腹もしくは綿棒でマッサージします。綿棒を使う場合には、横から毛穴を押して角栓を出したりすることもできます。指でケアする場合には、爪で傷つけないように指の腹を使いましょう。オイルでケアしたら、洗顔石鹸を使ってぬるま湯で洗い流しましょう。ピーリングジェルを使ったケアも黒ずみを取るのに有効です。通販やドラッグストアなどで購入できるピーリングジェルを洗顔後に塗って、クルクルマッサージします。すると、ポロポロと角質が取れますし、洗い流すとツルツルして毛穴の中の黒ずみもきれいになっているはずです。放置したことで溜まった黒ずみである古い角栓が取れたら、毛穴を引き締めたり、保湿や毎日の洗顔・クレンジングにも気を付けましょう。

 

 

鼻の黒ずみをとる方法

 

まず、鏡で自分の鼻の黒ずみの原因が何であるか推測してみて下さい。鼻が黒ずんでいる原因は、「皮脂や汚れが詰まっている」、「乾燥して毛穴がへこんでいる」、「うぶ毛が生えている」などが考えられます。皮脂や汚れが詰まっているという場合、指の腹で鼻を押すと、脂分が鼻からにじみ出てきたり、白っぽい角栓がニュルッと出てくる場合もあるでしょう。皮脂や汚れが詰まって黒ずんでいる場合には、鼻にオイルを塗って指の腹や綿棒などで優しくマッサージしたあとに泡洗顔で洗い流しましょう。乾燥して毛穴が硬くなっている場合には、毛穴が閉じなくなっていたり、毛穴の影で黒ずんで見える場合もあります。乾燥している場合には、保湿には十分に心がけて、ビタミンやミネラルなど肌の生まれ変わりを助ける食品も気を付けて摂取しましょう。肌をふっくらさせて乾燥を防ぐ、ヒアルロン酸やコラーゲンなどのドリンクを飲むことも効果的です。産毛が生えていて黒ずみに見えている場合には、光脱毛やレーザー脱毛などで毛が生えてこなくなるようにしましょう。毛抜きなどを使うと、肌を傷める原因になるので避けた方が良いです。同じ鼻の黒ずみに見えても、よく観察すると、人によって原因は様々です。自分の鼻の黒ずみの原因によって取る方法も違ってきますので、自分の肌の状態を再確認してみましょう。

 

 

エステで鼻の黒ずみを治してもらえるか

 

エステサロンで鼻の黒ずみを治すためには、吸引をしてもらうことができます。鼻の毛穴の詰まりや黒ずみが気になる方がエステで吸引を行うと、毛穴の中の角栓や黒ずみが取り除かれます。毛穴の角栓は、分泌された皮脂や古い角質、メイク、汚れなどが混ざり合ったものです。蓄積したまま放置しておくと、古い汚れは酸化して黒ずんでしまうこともあります。エステで吸引すれば、毛穴の中の角栓を取り除くことができますが、人によっては毛穴の開きが悪化したと感じる方もいます。市販の毛穴パックもそうですが、角栓をきれいに取り除いたとしても、毛穴が開いたままになっていると、炎症を起こして毛穴の開きが悪化します。エステの体験コースで毛穴ケアを実施しているところもあります。大手エステサロンで言えば、「スリムビューティーハウス」や「たかの友梨」などが毛穴ケアの体験コースも行っています。バキューム吸引など角栓を取り除くだけではなく、取り除いた後の引き締めをしっかりやってくれるエステがおススメです。セルフケアの毛穴シートなどは、周囲の皮膚まで剥がしてしまったり、角栓を取り除いた後の引き締めをうまくできない場合も多いです。毛穴が開きっぱなしになっていると、また、メイクや皮脂が詰まって悪化する原因にもなります。鼻の黒ずみを解消するためには、正しいクレンジングや洗顔、保湿などのホームケアが欠かせません。しかし、なるべく早く鼻の黒ずみを何とかしたいという場合には、エステに行ってみるのも良いでしょう。

 

 

ベビーオイルで鼻の黒ずみを除去する方法

 

鏡でじっくり見てみると、鼻が黒ずんでいることに気が付く女性も多いと思います。実際には、気にしていないだけで男性でも鼻の黒ずみがある方は多いです。最近、女子力男子という言葉をよく聞きますが、気になりだすと男性もかなり鼻の黒ずみはどうにかしたいものです。自宅にあるもので、すぐにできる方法は、ベビーオイルで鼻の黒ずみを除去するという方法です。鼻の黒ずみは、毛穴に古い角質、過剰分泌した皮脂、汚れ、メイクなどが詰まって混ざり合い、酸化したものです。毛穴シートなどを使った場合には、柱状にツンツンした白いものがごっそり取れますがそれらが角栓です。ベビーオイルを鼻に塗ることで、油で角栓を溶かして取り除くという方法です。ひとつは、洗顔、スキンケアを行った後の肌にベビーオイルを指の腹を使って塗る方法です。しばらくマッサージしたら、洗顔石鹸を泡立てて鼻を丁寧に洗い、よくすすぎます。指で塗る方法以外にも、綿棒で塗るという方法もあります。綿棒を使うことで、毛穴を横から押したりもできるので、ニュルッと角栓が出てきやすくなります。指でも綿棒でも好きな方法を使って角栓を溶かしだしましょう。鼻がテカってきたり、毛穴が皮脂で盛り上がっている、毛穴が黒ずんでいると感じた時に定期的にケアするのがおススメです。毛穴が開いたままだと、またメイクや汚れ、皮脂などが詰まって毛穴の黒ずみが悪化する可能性があります。毛穴が開きっぱなしだと感じる方は、ケア後に保冷剤やアイスノンなどを使って冷やして毛穴を引き締めるのも効果的です

 

 
 
 
いちご鼻 クレンジングジェル クレンジング剤 角栓